しじみと血液の関係性

しじみには貧血予防に効果のある造血作用や血液をサラサラにして生活習慣病を予防する効果があります。
これらの働きは全身に栄養を送る重要な役割を果たし、健康効果の高いものです。
今回は、しじみの血液に関する作用についてご説明します。

造血作用

しじみには鉄分やビタミンB12、葉酸など赤血球を構成する血色素ヘモグロビンを作る成分が豊富に含まれています。
主成分となる鉄分は吸収があまりよくない非ヘム鉄ですが、ビタミンCが吸収性を高めています。
また、タンパク質や細胞の形成に必要なDNAなどの核酸の合成を助ける葉酸は、ビタミンB12とともに赤血球の形成や増殖を促進します。
ヘモグロビンは、活発な活動には欠かせない酸素を身体中に運ぶ役割を果たしていますので、造血作用は体内の細胞や組織への酸素の供給を円滑にし、貧血を予防・改善する効果があります。

血液サラサラ効果

しじみに含まれるタウリンやビタミンは、血液をサラサラにする効果があります。

タウリン

タウリンは胆汁の分泌を促進し、血中のコレステロールを減少させる働きがあります。
胆汁の主成分胆汁酸は、原料となるコレステロールを必要とします。
タウリンには胆汁酸と結合する性質があるため、しじみを摂取すると胆汁酸の生成が促進され血中のコレステロールが減少して、血液がサラサラになります。
また、胆汁の分泌が促進されると脂肪の分解や脂溶性ビタミンの消化・吸収も効率よく行われますので、器官や血中へのコレステロールの流出も減少します。

ビタミン

しじみにはビタミンもバランスよく含まれ、ビタミンB群は、糖や脂肪の燃焼を促進してエネルギーを作り出す働きがあります。
効率的に燃焼が行われることにより、血中のコレステロールは減少します。
また、ビタミンCやEは強い抗酸化力があり、活性酸素を除去して脂肪の酸化を防ぎます。
ビタミンEには細胞膜の脂質が酸化されるのを防ぐ働きもあり、赤血球の破壊を防ぐ働きがあります。
ですから、ビタミンは血液の健康に欠かせない成分です。

しじみは新陳代謝促進による効果に加え、造血作用で貧血を予防・改善し、血液の健康を維持する働きが、私たちの健康を増進してくれます。
ぜひ、普段の食事に取り入れてください。
トップに戻る