しじみと胃痛の関係性

胃痛は様々な原因で起こります。
ストレス、暴飲暴食、薬、刺激の強い食物、感染症などがあります。
しじみの疲労回復、ストレス解消、新代謝促進などの働きが胃痛を軽減してくれます。
今回は、しじみが胃痛にどのように作用するのかご説明します。

なぜ胃痛は起こる

暴飲暴食や不規則な食生活、強い刺激のある食物、噛まずに飲み込むような食生活の乱れは胃に負担をかけ胃痛の原因になります。
過度の緊張やストレスなどは血流を阻害、自律神経の働きを乱し、内蔵の機能低下、胃の粘膜の損傷、胃酸の分泌過剰などを引き起こし、胃痛を起こすことになります。
薬の副作用や過剰なアルコール摂取、長期にわたるストレスなどは胃炎や胃潰瘍などの疾患を招き、胃痛を引き起こします。

疲労回復で胃痛軽減

しじみには肝臓内でアルコールやアンモニアなどの毒素の分解・排出の促進、ダメージを受けた肝臓の修復・再生、肝機能の強化などの働きがあります。
肝機能が高まると基礎代謝が向上し、身体の器官の働きも向上します。
肝機能の向上は肝臓の疲労を回復するだけではなく、身体全体の疲労回復につながります。
血流も改善され、胃の働きも良くなりますので、胃痛も軽減されます。

ストレス解消で胃痛軽減

肝臓の疲労の回復効果はストレスを軽減し、精神面も安定させます。
そうすると、睡眠を改善する効果もあり、自律神経の働きも良くなりますので、胃の運動や胃酸の分泌の調整、修復・再生促進効果も高くなり、胃痛を軽減することとなります。
また、しじみに含まれるオルニチンには、肉体的・精神的負荷がかかったときに唾液中に分泌される疲労感伝達物質コルチゾールを抑制する作用があり、ストレス軽減・疲労抑制効果がありますので、胃痛を抑制する働きが期待できます。

新陳代謝促進で胃痛軽減

しじみの新陳代謝促進作用も胃痛を軽減します。
新陳代謝が活発になると細胞の生まれ変わりサイクルも良くなります。
胃腸は3~7日で生まれ変わりますので、ダメージを受けた胃や胃の粘膜の細胞が新しい細胞に入れ替わり、胃痛の軽減や解消につながります。

しじみは胃痛の軽減や解消の働きがあります。
しかし、薬剤ではありませんので即効性はありません。
胃痛の解消には時間を要しますので、予防法として日常の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る