しじみとポリアミン

しじみに含まれるオルニチンやアルギニンがポリアミンの生成を促し、新陳代謝向上やアンチエイジング効果を生み出しています。
今回は、しじみの成分とポリアミンの関係、私たちの健康への効果についてご説明します。

しじみの成分とポリアミン

成分は単独で存在しても何も起こりません。
他の成分と結合や合成することで反応が起こり、様々な変化を起こします。
ポリアミンは2つ以上のアミノ酸が結合して体内の活動に関与している成長因子です。
体内には20種類以上のポリアミンがありますが、しじみに含まれるアミノ酸オルニチンとアルギニンが、体内でのポリアミンを合成しています。
代表的なポリアミンとしては、細胞の新陳代謝にかかわるスペルミン、細胞の生成にかかわる酵素を活性化するスペルミジン、アミノ酸の分解過程で微量生まれるプトレシンなどがあります。
ポリアミンが細胞分裂や細胞の増殖を行うことで新陳代謝が行われ、健康維持に効果があります。

ポリアミンは体内で生成されますが、20歳を過ぎるとポリアミンを合成する酵素が減少するため、老化が進行することになります。
そのため、ポリアミンの生成を促進するオルニチンやアルギニンをしじみなどの食材やサプリなどで補うことが、健康維持やアンチエイジングにとって重要になります。

ポリアミンの効果

新陳代謝を活発化

しじみに含まれるオルニチンが成長ホルモンの分泌を促し新陳代謝を促進しますが、ポリアミンは細胞分裂を促進して新陳代謝を高めます。
また、細胞分裂の際に、細胞の遺伝子情報を伝えるDNAやRNAをコピーし新しい細胞に伝える働きがあり、細胞を正しく再生することができます。

アンチエイジング

ポリアミンの生成がスムーズに行われることで新陳代謝が促進され、身体中の細胞が新しく生まれ変わります。
外見上に現れるのが肌のターンオーバーです。
古く固くなった皮膚が剥がれ落ち、ハリと潤いのある新しい肌に生まれ変わります。
ポリアミンが不足するとターンオーバーが順調に行われず、しみやくすみ、吹き出物などの肌のトラブルの原因となります。

動脈硬化予防

ポリアミンは血管内の炎症を抑える作用があることから、動脈硬化予防に効果があるといわれます。
血管内の炎症は血管の肥厚や硬化を促進して柔軟性を失わせます。
炎症を抑えることにより、血管の弾力性、血行の改善ができますので、動脈硬化の予防効果が期待されています。

しじみに含まれるオルニチンやアルギニンがポリアミンの合成を促進して、健康や美容効果を高めてくれます。
継続的に摂ることで効果は高くなりますので、できるだけ多くしじみを食卓に乗せたいものです。
トップに戻る