しじみとチーズの相性

しじみもチーズもアミノ酸をバランスよく含んだ食品で、美容や健康にも優れた効果があります。
一緒に摂ると肝機能強化や代謝アップに相乗効果もあります。
今回は、しじみとチーズの効果についてご説明します。

アミノ酸で基礎代謝アップ

しじみはアミノ酸スコア100点、チーズも90点以上とアミノ酸が豊富でバランスよく含んでいます。
アミノ酸は代謝の原動力となり、骨や筋肉、内臓、血液、ホルモンなどすべての身体の細胞や組織を構成する成分です。
代謝を促進し、健康で強い身体づくりに役立ちます。

オルニチンで肝機能強化

しじみとチーズはともにオルニチンを含んだ食材ですので、肝臓のオルニチンサイクルに働きかけて疲労物質アンモニアを分解します。
チーズに含まれるアルギニンは、オルニチンサイクルの代謝の過程でも生成される物質です。
しじみに豊富なビタミンB6はアルギニンの吸収を促進します。
その結果、オルニチンサイクルに多くのアルギニンが作用することになりますので、アンモニアの解毒作用も高まり、肝機能向上と疲労回復効果もアップします。

成長ホルモンが新陳代謝促進

しじみの成分オルニチンには脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。
チーズに含まれるアルギニンも成長ホルモンの分泌を促す効果があります。
成長ホルモンの分泌が促進されると、新陳代謝が活発になります。
豊富に含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが効率的に働きます。
とくに、チーズにはカルシウムやマグネシウム、リンなど、骨や筋肉の形成に必要なミネラルを多く含んでいます。
チーズは種類によっては30%以上の脂肪が含まれていますが、代謝促進による脂肪燃焼力もアップし、むしろダイエットにも効果があるとされています。
継続的に摂ると、太りにくい身体づくりにもなります。

美肌効果

新陳代謝が活発になると、肌のターンオーバーも良くなります。
チーズに豊富なアルギニンは保湿成分コラーゲンの生成にも関わり、潤いとハリのある肌を作ります。

血液からの健康効果

しじみには赤血球の生成を促進し貧血予防や改善効果があります。
チーズに含まれるアルギニンは一酸化窒素を生成し、血管の拡張、血流改善作用があり、生活習慣病予防にも効果があります。
酸素や栄養も身体の隅々にまで届くようになりますので、細胞や組織が活性化されます。

しじみとチーズはアミノ酸をバランスよく含んだ優れた健康効果のある食材です。
アンマッチといわれますが、グラタンやドリア、ピザなどおいしく食べられるレシピはたくさんあります。
ぜひ、お試しください。
トップに戻る