しじみとセサミンを摂取

しじみに含まれるオルニチンとゴマに含まれるセサミン、どちらも自然な食材から摂取できる健康的な成分です。
肝機能の強化や二日酔いの予防や回復に効果があります。

しじみの作用

しじみの肝機能向上に対する作用は、まず、オルニチンが肝臓のオルニチンサイクルに働きかけアンモニアの無毒化、そして、肝臓の活動のエネルギーを生み出すミトコンドリアに働きかけ、肝機能を正常に保ちます。
タウリンがアルコールや薬剤などの解毒、メチオニンやグリコーゲンが肝臓の働きを助け、活性化させます。
いくつもの成分が肝機能の維持や向上、肝臓疲労改善による全身的な疲労の軽減、二日酔いからの回復も早めます。

また、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す作用があり、成長ホルモンの分泌を促すことで新陳代謝を促進します。
しじみにバランスよく含まれたアミノ酸やビタミン、ミネラルが有効に働き、とくに、アミノ酸は新陳代謝促進の原動力となると同時に、身体のすべての細胞や組織を作る成分でもあります。
新陳代謝がよくなることで肝臓のダメージを修復し、肝機能が一層強化されます。

セサミンの作用

セサミンは脂溶性の抗酸化物質で、胃腸では分解されることなく、消化器から流れてくる血液を肝臓へ運ぶ門脈で吸収され、直接肝臓に作用します。
アルコール代謝に関わる酵素の働きを高め、アルコール代謝時のアセトアルデヒドの毒性を軽減することで、二日酔いや悪酔いを防ぎます。

また、セサミンは肝臓内の脂肪の代謝に関わる酵素を活性化しコレステロールや血糖値を低減させる働き、血流改善作用のあるαリノレン酸をDHAへ変換の促進、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす働き、強力な抗酸化作用で脂質の過酸化を防ぐなど、何役もの働きをこなし、肝臓の負担の軽減による肝機能強化に作用します。

注意点

しじみもセサミンも優れた食材です。
ただし、大量摂取は身体に直接的なダメージはないものの、ゴマからごま油が抽出されることからも分かるように、脂質を多く含んでいますので、太りやすくなります。
用法用量を守り、摂りすぎないように注意が必要です。

しじみとセサミン、どちらも美容と健康に優れた働きを持っています。
一緒に摂りながら、食生活や生活習慣の見直しをすると、さらに大きな効果も期待できるでしょう。
トップに戻る