しじみとATP

しじみとATP(アデノシン三リン酸)は密接な関係にあり、相互作用が疲労回復や肝機能強化に効果をもたらしています。
今回は、しじみとATPがお互いにどのように作用しているかをお話しします。

ATPとは

ATP(アデノシン三リン酸)は、身体の中に広く存在し、リン酸の分子の結合や分離により筋肉の収縮などの活動に関わるエネルギーの貯蔵や放出、物質の代謝や合成に役割を果たしています。
ATPからリン酸塩基の一つ外れたADP(アデノシン二リン酸)に変化するときにエネルギーが生まれます。
筋繊維に貯蔵されるATPの量は少なく、長時間の運動ではADPからATPが再合成され利用されることになります。

ATPの再生をサポートするしじみ

ATPのエネルギー源となるのは食事から摂取されるタンパク質・糖質・脂質などです。
運動で生じる乳酸やタンパク質の代謝で発生するアンモニア、精神的なストレスなどは疲労の原因となり、ATPの産生を妨げます。

しじみにはアミノ酸やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、ATPのエネルギー源となります。
また、しじみに含まれるオルニチンは肝臓のオルニチンサイクルに働きかけ、疲労物質アンモニアの分解・排出を促進します。
メチオニンやタウリン、グルタミンなども肝臓の働きを助け、機能を高めることで疲労回復を促進します。
疲労が回復することで、ATPの再生機能も良くなり、エネルギーの産生がスムーズに行われるようになります。

オルニチンサイクルのエネルギー源ATP

肝臓内でアンモニアを無害化し尿素に変換するオルニチンサイクルは、オルニチン、シトルリン、アルギニンの3つの回路から構成され、回路のエネルギー源となっているのがATPです。
オルニチンがシトルリンに変換される際に結合するカルバミルリンの生成にATPが代謝のエネルギー源として作用しています。
シトルリンがアスパラギン酸と合成しアルギノコハク酸を生成するときにATPが代謝のエネルギー源として作用します。
しじみに含まれるオルニチンは回路の成分を補充することから働きを促進しますが、ATPは回路を活性化させるエネルギー源となっているのです。

しじみとATPは良好な相関関係にあるといえます。
基本となるのはバランスの取れた食事です。
過度のストレスや無理なダイエットで栄養が偏ったり不足したりすると、ATPの産生を阻害し、オルニチンサイクルも充分に機能しません。
しじみを取り入れた正しい食生活や生活習慣が大切です。
トップに戻る