しじみで新陳代謝を促進

新陳代謝が高くなり身体機能がアップすると、健康にも美容にも効果があるといわれます。
その新陳代謝を高めるには、しじみが大いに役立つといわれますが、どのように作用するのでしょうか。

肝機能を高めて新陳代謝促進

しじみに含まれるオルニチンは疲労物質アンモニアを解毒・排出し、ミトコンドリアに働きかけ肝臓の機能を正常に保つ作用があります。
メチオニンは肝臓の働きを助け、タウリンは解毒作用を強化し、グリコーゲンは肝臓を活性化させます。
アンモニアが解毒され肝機能も高くなりますので、疲労が回復し基礎代謝も正常化されますが、さらに活性化されることで、新陳代謝が促進されることになります。

成長ホルモンの分泌を促し新陳代謝促進

アンモニアが解毒され疲労が回復すると、精神的な疲労も軽減され、睡眠改善やストレス軽減にも効果があります。
成長ホルモンは睡眠中に分泌が盛んになり、夜10時頃から翌午前2時頃まではゴールデンタイムと呼ばれています。
睡眠が改善されると成長ホルモンの分泌が活発になりますので、新陳代謝も促進されることになります。

また、しじみに含まれるオルニチンには成長ホルモン誘導体としての働きもあります。
脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進しますので、新陳代謝が一層高まります。

バランスの取れた栄養素が新陳代謝を促進

オルニチンをはじめとするアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、しじみに含まれる栄養素も新陳代謝を促進します。
アミノ酸は新陳代謝の原動力となり、身体中の細胞や組織を構成する成分です。
ビタミン類やミネラルは栄養成分の代謝の促進、抗酸化作用で血流の改善、栄養素の吸収を高めて代謝を促進するなどの働きがあります。
しじみに含まれる栄養成分は量的には多くありませんが、バランスよく含まれているために他の栄養素の吸収を阻害することなく効率的に作用します。
そのため、新陳代謝も効率的に促進されます。

しじみには新陳代謝を促進する成分がバランスよく含まれています。
毎日の食事にできるだけ多くしじみを摂り入れ、適度な運動も加えると、いっそう新陳代謝も促進されます。
トップに戻る