しじみで夏バテ解消

夏は、続く暑さに食欲も落ちて、のど越しのいい冷麦やそうめんなど簡単なものがおいしく感じます。
そのため、栄養不足から、夏バテにもなりやすいのでしょう。
しじみは夏バテを解消し、暑さを乗り切るパワーを与えてくれます。
今回は、しじみの夏バテ解消パワーについてご紹介します。

夏バテとは

夏バテは、身体が夏の暑さに耐えるために大きなエネルギーを消費するのに対し、食欲不振や睡眠不足から十分な栄養が摂取できず、秋口に現れる体調不良の諸症状のことをいいます。
現在は暑い最中に現れる症状を指すことが多くなっていますが、本来は、秋口の気温や湿度が大きく変化した時に現れる症状のことです。
倦怠感や食欲不振、便秘、下痢、頭痛、発熱、めまいなど様々な不調があります。

肝機能を高めて食欲回復

しじみには、オルニチンやタウリン、メチオニン、グリコーゲンなど肝機能を高めてくれる成分が含まれています。
オルニチンは肝臓のオルニチンサイクルに働きかけ疲労物質アンモニアの分解を促進します。
他の成分も肝臓内の毒素や老廃物の排出の促進、肝細胞の修復・再生、肝機能強化などに作用します。
肝臓の機能が高まると肝臓の疲労も回復し、全身的な疲労の回復にもつながります。
疲労は回復すると、食欲もわいてきますので、夏バテの解消に役立ちます。

スタミナ回復土用しじみ

7月下旬から8月上旬の土用しじみは栄養をたっぷり含んで旬の時期になります。
しじみにはアミノ酸やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれており、栄養補給には最適の食材です。
低脂肪低カロリーのため、あっさりとした味わいで食べやすく、消化性もいいので胃に負担がかかりません。
昔から「土用しじみは腹薬」といわれるように、夏バテ解消にピッタリです。
食欲不振で摂れなかった栄養を補い、肝機能を高め、新陳代謝を促進する働きがありますので、スタミナも回復します。
食べやすいしじみの味噌汁や酒蒸しからはじめ、食欲の回復に合わせた調理方法で摂ると、いっそうおいしく、回復も早くなります。

旬のしじみは夏バテ解消に最適な食材です。
身も太り、栄養をたっぷり含んだしじみをおいしく食べるだけで元気を回復することができます。
他の旬の食材と組み合わせると、さらに効果もアップします。
ぜひ、お試しください。
トップに戻る