しじみでストレスを軽減

「しじみの味噌汁は二日酔いに効く」といわれますが、温かいみそ汁を食べると、気持ちまでホッとします。
アルコールをたくさん飲んだ後だけではなく、疲れた時に食べると、ストレスまで吹き飛んでいくような気分です。
実際に、しじみにストレスを軽減する効果があるのでしょうか。

肝機能向上でストレス軽減

しじみに含まれる成分オルニチンは、肝臓のオルニチンサイクルに働きかけ疲労物質アンモニアの解毒・はいしゅつを促進する作用があり、また、肝臓の活動に必要なエネルギーを生み出すミトコンドリアの働きを助け、肝臓の機能を正常に保つように作用します。
その他の多くの成分が、解毒作用を促進したり、肝臓の働きを活性化したりと、肝機能を高めるように作用します。
肝機能が高まると、肉体的な疲労ばかりではなく精神的な疲労も回復し、ストレスを軽減する効果が得られます。
そのため、継続的にしじみを摂取すると、肉体的にも精神的にも疲労を感じにくくなり、ストレスに強い身体作りに役立ちます。

トリプトファンがストレス解消

しじみには必須アミノ酸のトリプトファンも含まれています。
トリプトファンは肝臓や腎臓で代謝されると、活動のエネルギー源となります。
一方、脳に運ばれると、ビタミンB6やナイアシン、マグネシウムと結びつきセロトニンを生成します。
セロトニンは脳内伝達物質で、ノルアドレナリンやドーパミンによる脳の興奮状態を抑え、鎮静化する働きがあります。
精神状態が落ち着くと、ストレスも軽減されます。
アメリカでは、その効果が高いことから、催眠剤や精神の安定が必要な人の治療薬としても用いられています。

コチゾールの分泌を抑えてストレス解消

しじみに含まれるオルニチンには、唾液中に含まれるホルモンコチゾールの分泌を抑える働きもあります。
コチゾールは疲労を感じると多く分泌され、免疫力まで低下させます。
この分泌が抑えられると疲労回復やストレスの解消につながります。

しじみにはストレス軽減に効果のある成分が多く含まれています。
普段から多く摂取していると、ストレスに強い身体作りに役立ちます。
トップに戻る