しじみでED克服

しじみは美容や健康に優れた食材ですが、男性の機能障害EDにも効果があります。
しじみの成分オルニチンやアルギニン、亜鉛などが作用して機能を改善してくれます。
では、これらの成分がどのように作用し、EDを改善してくれるのかご説明しましょう。

オルニチン

しじみに含まれる成分オルニチンは肝機能向上に作用するだけではなく、成長ホルモンの分泌を促進して新陳代謝を促進する働きがあります。
成長ホルモン分泌促進作用は性ホルモンの分泌も促進します。
男性ホルモンとして知られるテストステロンです。
テストステロンは筋肉や骨の形成促進、エネルギーや性欲の増進作用もあります。
成長ホルモン同様20歳くらいをピークに、年を重ねるごとに分泌は徐々に低下します。
オルニチンを継続的に摂取することによりテストステロンの分泌もよくなりEDが改善されます。

アルギニン

アルギニンはアスリートやボディービルダーに使われるように筋肉増強に効果があることで知られる成分ですが、成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。
また、血流改善効果も高い成分で、血流をスムーズにし、全身への栄養の流れもよくなります。
免疫力向上、細胞の増殖、組織の再生などにかかわるポリミアンを合成し、ダメージを修復します。
これらの働きが男性器の血流改善、ED改善に働きます。

男性のセックスミネラル亜鉛

しじみには男性のセックスミネラルと呼ばれる亜鉛が含まれています。
亜鉛は、タンパク質の合成や代謝にかかわる多くの酵素の形成・活性に作用する成分ですが、男性に対しては精子の生成増加、性欲増進効果があります。
味覚障害などの疾患で亜鉛を摂取すると短期間で障害が治癒するといわれるように細胞の修復能力が高く、十分な亜鉛摂取はEDの改善に効果があります。
通常の食生活では過剰摂取の心配もありませんので、できるだけ多く亜鉛を含んだ食材を取り入れると良いでしょう。

しじみに含まれる成分はEDの改善に優れた作用があります。
これらの成分をサプリで摂る場合は、過剰摂取は体調を損なうことがありますので、必ず用法用量を守って使用してください。
トップに戻る