しじみがアンモニアを分解

アンモニアは、食品に含まれるタンパク質や腸内の分泌液に含まれる尿素が腸内細菌により分解されて発生します。
血液に乗って肝臓に運ばれて無毒化されて排出されますが、肝機能が低下し体内に蓄積されると、肝性脳症を発症することもあります。
そんなアンモニアの分解にしじみが効果があります。

オルニチン

しじみに含まれる成分オルニチンが肝臓内の尿素回路オルニチンサイクルに働きかけ、アンモニアの分解を促進します。
オルニチンは、肝臓内で二酸化炭素アンモニアと反応し遊離アミノ酸シトルリンとなります。
遊離アミノ酸は細胞や血管内にあり、特定のタンパク質を構成することなく、必要なときに作用する機能性の高いものです。
シトルリンは代謝されアルギニンに変化し、さらに加水分解されることにより、オルニチンと尿素になり、アンモニアは無毒化されて排出されます。
オルニチンはもともと体内に存在する成分ですが、しじみなどオルニチンを含む食品を摂取することで、オルニチンサイクルに補充され、働きを高めます。
また、オルニチンは、肝臓の分解や解毒などの作用のエネルギーを作り出すミトコンドリアの作用を高める働きもあり、肝臓全体の機能の保全にも効果があります。

タウリン

しじみに含まれるタウリンもアンモニアの分解に作用します。
タウリンはアミノ酸の一種で体内のすべての組織に存在し、食事や体内で合成されています。
タウリンは、アルコールや薬、体内で生成されたアンモニアを分解・無毒化して尿や便として体外に排出します。
タウリンの細胞を正常に保つ作用ホメオスタシスはよく知られていますが、特に肝臓に対しての作用が強く、胆汁酸の分泌を促して肝臓の働きの促進作用、肝細胞の再生促進作用、細胞膜安定化作用などがあります。
タウリンは、体内では胆汁酸と結合しタウロコール酸として働き、肝臓の細胞内で入ってきた物質を分子レベルまで分解する働きがあります。
これらの働きにより、肝機能を高めながら、自らもアンモニアの分解に作用しているのです。

しじみにはオルニチンやタウリンなどのアンモニアの分解に作用する成分を含んでいますが、メチオニンやグリコーゲンなど肝臓の働きを高めてくれる成分も含まれています。
健康のために、日々の食卓のメニューにしじみ料理を加えてみてはいかがでしょうか。
トップに戻る