コレステロール対策としじみ

健康診断の時期になると、コレステロール値が気になり、油物を控えるというような経験はないでしょうか。
健康診断前にちょっと控える程度では、効果はありません。
普段の食生活が重要です。
コレステロールでお悩みの方には、しじみが効果があります。
その効果についてお話しましょう。

コレステロールとは

コレステロールは脂質の一種で、いつも悪者のように言われていますが、身体の細胞膜や胆汁酸、副腎皮質ホルモン、性ホルモンの原料となる人体にとって重要な成分です。
悪玉コレステロールは肝臓で生成され全身に運ばれて機能を果たし、善玉コレステロールは血液中で生成され悪玉コレステロールを回収します。
このバランスが取れているときは、健康上問題はありません。
身体の機能が低下し、血液中のコレステロールが増加すると、血液がどろどろになり、血管の壁に蓄積するようになります。
これが進行することで、動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳梗塞などを起こします。

しじみが肝機能強化でコレステロールを調整

しじみの成分オルニチンは、肝臓のオルニチンサイクルに作用し、疲労物質アンモニアの解毒・排出を促進します。
また、ミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の機能を正常に保つように働きます。
その他のしじみに含まれる成分も解毒作用の促進、肝臓の機能補助、活性化などの働きをし、肝臓の機能を高める効果があります。
肝臓の働きがよくなると、肉体疲労や精神疲労が軽減され、身体全体の働きも改善します。
肝臓が元気になると、善玉・悪玉コレステロールのバランスが調整されますので、コレステロール値も下がります。

しじみは肝臓を修復し機能を高める

しじみは低脂肪のため、肝臓に負担をかけることはありません。
むしろ、オルニチンをはじめとするアミノ酸やビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んでいるため、新陳代謝を促進し、身体全体の機能を正常化する働きがあり、肝臓の傷んだ部分も修復して機能を高めてくれます。
そのため、コレステロールの調整機能もよくなります。

しじみは肝臓の機能を高め、コレステロールの調整能力を高めます。
コレステロール値の異常は、ファストフードなどの動物性脂肪に偏った食事、運動不足、喫煙などの生活習慣によるものが約90%を占めています。
生活習慣の改善も大切です。
トップに戻る