お酒としじみ

「しじみ汁は二日酔いに効く」と言われるように、お酒を飲んだ後の身体のケアにはしじみが効果があることは昔から広く知られていました。
しじみの何が身体に良いのでしょうか。

肝機能を強化して疲労を和らげる

しじみにはオルニチンというアミノ酸が含まれ、肝臓のオルニチンサイクルに働きかけてアンモニアの解毒・排出作用を高め、また、肝臓の働きを正常に保つ作用もあります。
しじみにはオルニチンの他にもメチオニンやタウリン、グリコーゲンなど、肝臓の働きサポートし、活性化してくれる成分の含まれています。
肝臓の働きが良くなると、お酒を飲みすぎて疲れた肝臓も回復し、それが全身的な疲労を軽減してくれます。

アルコールの代謝を促進

しじみに含まれるタウリンは、ホメオスタシスによって肝細胞の再生を促し肝臓を強化するとともに、胆汁酸の分泌を促進することでアルコールの代謝を促進します。
アルコールは体内で二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドに変化しますが、タウリンはアセトアルデヒドを分解する酵素を活性化し、体外への排出を促進します。
これにより、肝臓へのアルコールの影響を軽減することができます。
タウリンは、アルコールや薬剤、アンモニアなどの代謝に優れた効果があるため、医療用の薬剤にも多く使われています。

また、しじみの旨味成分アラニンやグルタミンもアルコールの代謝を促進、肝細胞の再生促進などの作用があります。
肝機能の促進効果は、脂肪肝や肝硬変のリスクを軽減するといわれるほどです。

効果の高いしじみの味噌汁

「しじみ汁は二日酔いに効く」というのは単に効果があるということではなく、しじみの最も効果的な食べ方なのです。
味噌にはコリンという成分が含まれています。
コリンは、アルコールが脂肪となって肝臓に蓄積するのを防ぐ働きがあり、肝臓の機能を高めてくれます。
また、タウリンやアラニン、グルタミンは、水溶性のアミノ酸のため、成分の多くが味噌汁の中に溶けだします。
汁まですべて飲むことで成分が摂取でき、液体は身体に吸収されるのも速いため効果に即効性があります。
しじみには様々な調理法がありますが、お酒を飲んだ後の肝臓や身体のケアにはみそ汁が最も効果的な食べ物と言えます。

しじみは、お酒の影響から肝臓を守る優れた働きがあります。
昔の人がどのようにして最も効果的な食べ方がしじみの味噌汁であることを知っていたのか不思議です。
古人の知恵に感謝しながら、しじみの味噌汁を食べたいと思います。
トップに戻る