インスタントのしじみの味噌汁の効果は?

最近は、スーパーなどで販売されるインスタントのしじみの味噌汁の数も多くなりました。
しじみはお酒を飲んだ後に効果的だということで、利用する人も増えています。
インスタントのしじみの味噌汁でも効果はあるのでしょうか。

お手軽なインスタントのしじみの味噌汁

生のしじみで味噌汁を作る場合は、シジミを洗って、砂抜きから始めなければなりません。
砂抜きだけでも夏場は約3~4時間、冬場は約4~5時間と非常に長い時間がかかります。
旨味をもっと引き出そうとすると、水から上げた後に濡れ布巾をかぶせて3~6時間放置し、それから味噌汁を作りますので、1日仕事になります。
インスタントのしじみの味噌汁は、お椀に入れてお湯を注ぐだけですから、わずか数分で食べられます。
忙しい現代人にとってインスタントのしじみの味噌汁は、手軽で便利なものです。

オルニチン豊富なインスタントのしじみの味噌汁

家庭で作るしじみの味噌汁に入っているしじみの数は20~30個程度、外食では10~20個程度、料亭のお吸い物ではわずか数個ほどしか入っていません。
肝臓に効果のあるオルニチンの量にすると、しじみ30個で約15㎎ほどです。
インスタントのしじみの味噌汁には、1杯で70個分、80個分、100個分のオルニチン入りというものがあります。
オルニチンの含有量は25~37mgと、かなり多くのオルニチンが含まれています。
インスタントのしじみの味噌汁に含まれるしじみ自体の数は少なくても、オルニチンを配合して効果を高めるように作られています。
わかめやねぎなども一緒に配合されており、一層効果を高めるように配慮されています。

インスタントのしじみの味噌汁は効果の高い食品です。
しじみの味噌汁自体が、栄養についての知識のなかった昔の人が考えた優れたものです。
味噌に含まれるコリンが、アルコールが脂肪として肝臓に蓄積されるのを防ぐ働きがあります。
生のしじみを味わうことも大切なことですが、忙しい方は、インスタントのしじみの味噌汁を利用されてはいかがでしょうか。
トップに戻る