アルコール摂取したときはしじみを

「しじみの味噌汁は二日酔いに効く」といわれるように、アルコールを飲んだ後にしじみを摂取すると、アルコールの影響を抑えることができます。
今回は、しじみがどのようにアルコールの影響を解消してくれるのかご説明します。

アルコールの代謝を促進

アルコールは体内に入ると代謝の過程でアセトアルデヒドに変化しますが、しじみに含まれるタウリンやナイアシンは分解酵素を活性化し、アセトアルデヒドを無害な酢酸に分解して排出する作用を促進します。
また、タウリンは胆汁の生成を促進する働きがあります。
胆汁の主成分となる胆汁酸はコレステロールを消費しますので、アルコールの代謝を促進することになります。

肝細胞を修復

タウリンにはホメオスタシスがあり肝細胞の再生を促し、肝機能強化の働きがあります。
しじみに含まれるアミノ酸もアルコールにより受けた肝臓のダメージを修復する働きがあります。
アミノ酸は代謝の原動力となる成分ですが、筋肉や内臓など身体のすべての細胞や組織を構成する成分です。
しじみにはオルニチンやタウリンをはじめ、すべてのアミノ酸が含まれ、豊富なミネラルがタンパク質の合成を助け、肝細胞の修復を促進します。

肝機能向上

アルコールの摂取により疲労物質アンモニアの発生も多くなりますが、しじみの成分オルニチンがアンモニアの分解を促進し、肝臓の代謝のエネルギー源ミトコンドリアの働きを助け、肝機能を正常に保つように作用します。
タウリンはアルコールが脂肪の肝臓への蓄積を予防、メチオニンは利尿作用促進で毒素や老廃物の肝臓への滞留を防止、グリコーゲンは肝臓のエネルギ源となり肝臓を活性化するというように、多くのしじみの成分が肝臓の働きを高める作用があります。
また、ビタミン類も代謝を促進することで、肝機能向上に役目を果たしています。
肝機能が向上すると、アルコールを飲んだ後の「飲み疲れ」も軽減されます。

しじみに含まれる成分がアルコールの代謝、肝機能向上、疲労回復に作用しますので、翌朝のしじみの味噌汁ではなくても早めに摂取すると、アルコールの影響を早く解消できます。
サプリを利用すると、しじみの成分を手軽に摂取できます。
トップに戻る