砂抜き

オルニチン摂取目安量としじみ

肝臓や腎臓に良いと言われる【オルニチン】ですが、いったい一日にどのくらいの量を摂れば良いのでしょう?そして、それは生のしじみと、オルニチンを抽出したサプリメントでは、それぞれどれくらいの量の差になってくるのでしょうか?

【オルニチン】はタンパク質に多く含まれるアミノ酸とは性質の異なる【遊離アミノ酸】の一種で、口から摂取されると腸で吸収され、血液中を巡ります。
肝臓では「オルニチンサイクル(尿素回路)」と呼ばれる人体に有害となるアンモニアの解毒、代謝をおこなう経路で働きます。
アンモニアは私たちの生命活動のエネルギーや、脳を動かすエネルギーの生成を妨げる性質があります。
オルニチンがこの厄介なアンモニアを解毒することで、肝臓の負担は軽減され、私たちはスムーズなエネルギーを生み出すことができます。
これがオルニチンが肝臓に効くといわれる理由です。

では、こうした効果を発揮するためには、私たちは毎日どの程度のオルニチンを摂れば良いのでしょう? 
成人のオルニチン摂取量の目安は一日400~1000㎎といわれています。
一方、生のしじみ100g(約35個)におけるオルニチンの含有量は10.7~15.3㎎程度なので、生のしじみに換算すると、何と約2300個~3200個となります。
いくら小さなしじみといえども、これをコンスタントに続けるのは相当に難しいといえるでしょう。
そこでオルニチン成分を抽出、濃縮したサプリメントの出番となります。

他の栄養素同様、オルニチンのサプリメントにも多くの種類があります。
ポピュラーなのは錠剤タイプで、だいたい4粒~8粒程度で、オルニチンの一日における摂取量の上限である1000㎎を満たすことができるようです。
厳密には各サプリメントには品質の差があり、ネット上の情報によれば、必ずしもオルニチン含有量が多いものが「効く」とは限らないようです。
また一パッケージあたりの価格も500円~9000円と非常に幅があるので、私たちは含有量、品質、価格を総合的に吟味して、最も自分に合った製品を見つける必要があります。

成人の一日のオルニチン摂取量を生のしじみから摂ろうとすれば、毎日約2000~3000個が必要となり、現実的ではありません。
錠剤タイプのサプリメントなら、一日4粒~8粒程度で済みます。
ただし、しじみから抽出したオルニチンを掲げている製品の価格にはかなりの幅があります。
品質が良く、継続できるコストのサプリメントを見つけてください。